賃貸物件の借り方

今更聞けない賃貸物件の借り方

賃貸マンションを借りる場合はどのような手続きを取ればいいのでしょうか。借りたい賃貸物件を見つけた場合は、契約申請を行います。契約前には審査が伴います。 賃貸マンションを借りる場合の審査で重要なのは支払能力があるかどうかという点です。つまり、貸したはいいけども家賃を払ってくれない場合がよくあったのです。そこで、借主の収入がどれくらいあるかを審査するのです。そのためには借主は源泉徴収票を提出しなければなりません。また、もし正社員でない場合には、そのバイト先や派遣会社に収入を証明する書類を出してもらいます。

連帯保証人について知っておこう

それ以外にも印鑑証明や、3か月以内に発行した住民票も必要になります。 本人以外は連帯保証人も必要になります。連帯保証人が必要な理由は、いくら本人に資力があっても家賃を払わずにどこかに逃亡してしまった場合、不動産会社は泣き寝入りになるからです。そのため、定期的な収入がある親族にお願いして連帯保証本になってもらうしかありません。 ただ、この連帯保証人になるのはとても慎重にならなくてはなりません。 連帯保証人は普通の保証人と異なり、債務者が支払うだけの十分なお金を持っていたとしても、債権者が保証人のところに取り立てに来た場合は必ず支払わなければならないのです。また、保証人が何人いても債権者から請求された場合はすべてを一人で支払わなければならないのです。