近年の賃貸事情

分譲マンションや一戸建てを購入するか、賃貸物件のまま過ごすかという選択肢があります、今後一軒家を持っても、建物や土地の価格が下がり、固定資産税を支払うことで負債になってしまう可能性もあります。それぞれのメリットデメリットを知っておきましょう。

詳細を確認する

賃貸物件の借り方

貸マンションは通常不動産会社で扱っています。賃貸マンションを借りたい時には不動産会社に行って現物を見て、気に入ったら契約に入ります。入居中の場合は中に入れない場合もあります。

詳細を確認する

安い家賃

賃貸物件を探す際に、家賃が安い物件を希望する人が多いですが、快適には過ごせないような物件であることも予想されます。引っ越す際の初期費用を抑えたいという場合は、敷金や礼金が必要ない物件を探しましょう。

詳細を確認する

多くなる物件

ペットも家族の一員として、人の暮らしと変わらない生活を送っています。ペットを飼う需要はさらに高まっており、ペット可の賃貸物件も増えてきています。ペットがいることで、隣近所との付き合いも広がります。

詳細を確認する

短期賃貸マンション

ウィークリーマンションとは、短期賃貸マンションのことである。

ウィークリーマンションとは「短期から利用する事ができる家具付き賃貸マンションやアパート」のことを指します。 月単位を基本として入居契約を結ぶ賃貸形式がマンスリー契約、週単位で契約するのがウィークリー契約と言われています。 ウィークリーマンションの始まりはビジネスマン向けの賃貸でホテルで2週間滞在するより安く済むというものでした。最初の頃はこの事を売りにしていたのです。 ですが大手の不動産会社が「敷金礼金、仲介手数料なしで家具付」という売り出しをし始めたのです。 就職活動や受験、旅行客の拠点などとして使われ始め、多くの人に利用されるようになりました。 インターネットが発達した今、検索すると色々なサイトが出てきます。探すのも簡単な時代になりました。

これからの未来、どう使われるのか

2020年に東京オリンピック開催決定となりました。それに向けて今日本はもっと良くなろうと変わり始めています。 東京オリンピック開催により、東京の知名度上昇や日本文化への関心の高まりから外国人観光客誘致に好影響をもたらすと言われています。 ホテルなども大活躍するでしょう。ですがこの東京オリンピックの時こそウィークリーマンションの出番なのではないでしょうか。 東京オリンピックに向けて事業拡大を考えている会社も少なくはないでしょう。 もちろん地方から東京オリンピックを応援しに行く人たちもいるはずです。 約二週間、ホテルで過ごすのはとても大変です。そんな時こそウィークリーマンションを利用するべきでしょう。入居当日からいつも通りの暮らしができます。 これからどんどんウィークリーマンションという名前は知られていくことでしょう。